検索
  • 鈴木建工

てっぽう


はじめに言っておきますが、さすがに鉄砲は作れません(^_^;)

今日は階段のお話です。

階段には螺旋階段や廻り階段、かね折れ階段や直進階段などがありますが

十分なスペースさえ確保できれば直進階段が一番シンプルで施工も容易です。

そんな直進階段。

建築の現場で「鉄砲(てっぽう)」と呼ばれます。

鉄砲の弾はまっすぐにしか飛びませんよね。たぶん・・・

その様を例えて、まっすぐな階段の事を「鉄砲」とか「鉄砲階段」と言います。

さて今日の現場は久しぶりの地元・狛江です。


ここに屋外階段を取付けます。

今回取付ける階段は・・・

そう!ご存知「鉄砲」です!!

途中経過は省略しまして・・・


はい完成!

角度をちょっとだけ変えて


段板、および踊場は縞鋼板を使用しました。

蹴込み板のない側桁階段(ストリップ階段)です。

手摺もシンプルなたて格子です。

鉄砲は一度足を踏み外すと最後、一番下まで転がり落ちるという危険性があります。

そのため、一般に高さが3mを越える階段は

高さ3m以内ごとに1つ、段幅1.2m以上の踊場を設けなくてはなりません。

つまり、もし踏み外しても踊場で止まるというわけなのです。

踊場ってちゃんと意味があったんですね。

ところで、なんで踊場って言うのでしょうか?

踊るには狭すぎますし・・・

ヘンな名前です(^_^;)

#鉄骨工事

133回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示